夏のワンピース

200711IMG_5230.jpeg

どこかの急坂の途中で見つけた「みちのわ」。
会社か何かの敷地の入り口、
下水の工事をした後の舗装に、
小さめの「みちのわ」をつけたらしいです。

右上の下水の蓋を顔に見立てると、
「みちのわ」の部分はワンピースを着ているみたいに見えてきました。

そうか、腕を描き加えて、
スカートの真ん中の黒い蓋部分は
小さな丸いバッグを持っているみたくすればいいかな。

と、落書きしてみました。
200711IMG_5230_2.jpeg

空は晴れ、鳥は鳴く

200421waIMG_9162.jpeg

漠然と不安な気持ちのある日々ですが、
日差しが気持ちよく、
季節の花が順々に咲き始め、
今までよりも幾分静かな朝の空気の中に
鳥の声が響きます。

自然は、人間のあり方とは関係なく
そこにある、と気がつくと、
少し気持ちがすうっとした朝でした。

マスク捨てるな、と

200404wa_mask.jpeg

この前通りかかった道に、
「マスク捨てるな!」という貼り紙がしてありました。

私は重症ではありませんが花粉症です。
以前、できればマスクをつけたくなくて、
とりあえずコートのポケットに新品の使い捨てマスクを入れて
自転車で出かけ、
浅いポケットだったのでどこかで落としてしまったことがありました。

その頃は、使い捨てマスクは紙製だと思っていたのですが、
引っ張ってもちぎれないので箱をよく読んでみたら、
材質は「ポリプロピレン」と記載してあり、
そっかー、プラスチックゴミを増やしてしまったな、
という点で反省したのでした。

その記憶があったので、
新型コロナウィルスの関連で「マスクと原料が一緒」との理由で
トイレットペーパーが売り切れになった時、
「それおかしいな?」と思えました。





蹴り出せない小石

200304waIMG_2195.jpeg

朝、自転車での通勤時。
小学低学年の少年3人が連れ立って歩いてゆきます。
あの人たちはどんな軌道をえがいて歩いてゆくか予測できないので、
スピードを落として抜かそうとしました。

案の定、一人が仲間から遅れて、
足元の何かを気にしています。
抜かしざまに見ると、
「みちのわ」の溝に入り込んだ小石を
蹴り出そうとしているのです。

蹴って、蹴って、でも
「みちのわ」に靴先がうまく入らなくて、
小石は蹴り出せません。
そのあとどうしたかしら。

上の写真は帰り道に撮ったものですが、
写っている小石が朝のものだったかどうかは
わかるはずもありません。

というのが十日くらい前でして、
今週から学校は休みらしく、
しばらくは朝の子どもたちの姿はなさそうです。

梅林を見下ろす丘

200219waP2244238.jpeg

小田原の梅林へ出かけました。
富士山も見えて、絶好の撮影日和です。
配っていた地図を見ると、
近くの丘まで歩けそうなので、足を伸ばしました。

坂が急になるところから、「みちのわ」の舗装です。
アキレス腱を伸ばすようにしながらゆっくり上りました。
富士山がいっそうよく見えました。

梅は、高いところから見下ろすよりも
すぐ近くでじーっと見る方が好きだなあと思いました。

冬の影

200125IMG_2183.jpg
冬の昼下がりの光と影をまとった「みちのわ」です。

今年は、関東の冬にしては雨もよいの日が多くて、
布団を干しっぱなしで買い物に出られるような、
こんな乾燥した晴れの日はめずらしいくらいです。

江の島の「みちのわ」

191113IMG_0195.jpg
数年前に切り抜いた記事です。
江の島の、おそらく
一般の人は入れない私道に「みちのわ」がついている写真です。
東京五輪を控え、
バリアフリー化するために
この道を改良する、というような話題でした。
工事が行われる前に
一度行ってみたいなあ。
と思ったのでしたが、
全然行っていません。
写真を見ると、
ふぞろいな、だいぶ古そうな「みちのわ」です。

歩道もね

190918IMG_2017.jpg
自転車で走っていて、左側の下り坂の方をふと見ると、
車道も歩道も一面に「みちのわ」舗装でした。

たぶん、元々は歩道は分けられていなかったのでしょう。
この坂の先に小学校があるので、
子どもの安全を考えて、ガードレールを設置したのかな、
と思います。

不安定な天気

190816IMG_0043.jpg

台風の影響で、
ごく狭い範囲でのにわか雨が続きます。
せいぜい5分くらい、ザーッと降っては、
何もなかったかのようにじわーっと日が出たり。

多少降られてもいいや、と、
レインウエアを持って、自転車で買い物。
スーパーを出ようとしたら降り出しました。

面倒がって、レインウエアの上だけ着て、
やむまで待つのもなんかイヤで、
真夏の雨は気持ちいいよね、と自分に言い聞かせて走るうち、
土砂降りに・・。

まだ降り込まない木陰で立ち止まったところの写真。
「みちのわ」の坂道を流れる雨水です。

帰宅して数分でやみました。
スーパーでゆっくり待てばよかったです。

デザイン変更

190729IMG_0614wa_cat.jpg

七月上旬、
「みちのわ」ブログを、ゆるゆると更新しようとしたら、
なにやら大規模メンテナンスの結果で表示がいろいろと違ってしまっていました。

びびって更新を中断しましたが、
久々にいじってみました。
背景やデザインを変更してみました。

PC用タイトルの背景に「みちのわ」の写真を入れて、
とりあえずホッとしました。

山岳耐久レースの道

190704IMG_0094.jpg
プロアドベンチャーレーサーの田中陽希さんの旅を記録する番組、
「グレートトラバース3 日本三百名山ひと筆書き」の画面より、
東京・奥多摩の「みちのわ」です。

田中さんがプロアドベンチャーレーサーになるにあたり、
奥多摩山岳耐久レース(通称ハセツネカップ)の完走は必須だった、
とのお話をしながら、レースのコースを進んでいました。
(今回はレースとは逆に進んだそうです)

なになに、奥多摩の山岳耐久レース?
私の兄が十数年前に一度か二度、出場したのでした。

こ、こんな山道を走って24時間以内にゴールする、
こんなのに出場していたのか! あれまあ!
とビックリしながら画面を見ていました。


ごぶさたです

画像


我が家の犬、若く見られがちですが、
14才になりました。

今年になって、びっくりするくらいに
散歩を嫌がるようになりました。

今までは、ぼーっとして歩いていると
自動的に丘の上の公園まで引っぱって行かれましたが、
最近は私が引っぱって近所をやっと一周しています。

だから、この写真の「みちのわ」も
最近ご無沙汰です。

上から見たところ

画像


夜のニュースで、新天皇の一般参賀の様子を見ました。

朝早くから並んだ、たくさんの人たちが、
粛々と列を作って、
誘導されるままに進んで行きました。

その様子が、「みちのわ」に似て見えました。


つばき

画像

「みちのわ」の道路にこぼれ落ちる、つばきの枯れ花です。

つばきは、花ごとゴロッと落ちるのが
首が落ちるみたいで縁起が悪いと言われています。
だからつい、目をそむけて歩きがちです。

散る時も「花吹雪」として愛でられる桜とは、
えらい違いです。

禅師丸かな?

画像


こぶりで、まん丸の柿が、
「みちのわ」の坂道に落ちていました。
禅師丸(ぜんじまる)かな?

新宿区のはずれ、中井地区のイベントに出かけた時、
地元の小学校のこどもたちが、
地区にある禅師丸柿の古木について調べたことを
路上で発表する、という
おもしろいことに出くわしました。

東京で、
禅師丸のことを大事にしている人たちの存在を知るとは、
思いがけないことでした。

LEDの街の灯

画像


たまに、日が暮れてから犬の散歩で、
あれ? と思い始めたのが2~3年前です。

始めは、私の目の錯覚かしら、とか、
風が吹いているせいかしら、などとと思ったのですが、
そうではありませんでした。

消費電力が少ないというLED電球の街灯に変わったところでは、
物の影が何重にも重なって見えるのです。
光源の玉?が、複数入っているせいでしょう。

LED街灯のことでもうひとつ。
家のそばの街灯がLEDに変わったら、
その足元にばらばら生えている菊に、
花芽がつかなくなってしまった気が・・するのです。
蛍光灯よりもグッと明るいせいだと思うのです。
他のお家の花は変化はないでしょうか。

今年は試しに、 
菊を数株植木鉢に移して、
別の場所に置いて見ようと思っています。
短日処理、というのか。

灰皿でつくった? みちのわ

画像


たまに通る家の車庫内の「みちのわ」。
いつもはシャッターが閉まっているので、
中が見えませんでした。

改めて写真を見ての疑問。
どうして床の一部分だけが「みちのわ」なのかな? 
うむむむと写真を眺めて数分。

私の見立てでは、
何らかの原因で床が削れてしまったので、
新たにコンクリートで埋めた。
ふと思いついて、
坂道なんかでよく見る凸凹を、真似してつけてみた。

灰皿で!

よく見ると、
それぞれのわっかに三カ所、切れ目が入っているのです。

某大使館前です

画像


咲くのが早すぎた、今年の桜。
一番たっぷり見られたのは六本木あたりの並木道でした。

歩道橋の目の高さ、たっぷりの桜の写真を撮り、
背景の新しい高層ビルを見上げては写真を撮り、
ぶらぶらと歩いていると、ある大使館の入り口に「みちのわ」が。

もちろん、さりげなく写真を撮りました。
予想通り、警備員さんに「撮らないでください」と
注意されました。
大使館の建物とか、国旗とかを撮るよりも、
入り口前の路面の写真を撮る人の方が、
かえって怪しいかな?

竹のなごり

画像


左側の急坂は、以前からある道路。
歩いてのぼると、ホント、アキレス腱がよく伸びて気持ちいいくらいです。

側溝から右側は、新たに造成された宅地です。
以前は崖で、竹が生えていました。

なんだか、「みちのわ」が
竹の生えていた痕跡みたく見えてきます。

「みちのわ」の、へそ問題

画像


「みちのわ」のまん中が、所々、ぽこんと出っ張っています。
でべそのようです。

ぜんぶが「でべそ」ではないところをみると、
施工不良なのでしょうか。
よく見ると、「でべそ」をつぶして平らにしてあるところもあるようです。

以前に別のところでも「へそのわ」を見つけましたが、
そちらはうっすらと丸い跡がついているだけでした。↓

http://hashira.at.webry.info/201006/article_1.html

・・ん?
もしかして、こちらも、
始めは「オールでべそ」に仕上がっていたのではないかな?
こちらの施工者は、「やばいよやばいよ!」って
コンクリートがやわらかいうちに、
あわてて「でべそ」を削ったのかもしれません。